Last Decade

gonburimo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 20日

ブエオノスアイレス 四日目

バスは行きとは違い今度はラ・プラタ川をグルっとまわるように陸伝いに走ってブエノスアイレスを目指した。夜中の2時半、寝ていたところを起こされて、国境事務所で簡単なチェックを受けた後、またバスに戻って眠った。次に目を覚ました時にはもう7時前でレティーロバスターミナルに到着する寸前だった。運良くサンマルティン広場からユースに向かうコレクティーボに乗ることができ、つつがなく宿に戻ることができた。すでに何人かの宿泊客が起きていて、モンテビデオはどうだったと冷やかし半分に聞くので、ぜひ行った方が良いと本気で薦めておいた。別に目的などなく、いやただその街をこの目で見てみたいという気持ちだけで充分だと、この時には感じるようになっていた。さすがに夜行バスであまり眠れなかったせいもあり、昼過ぎまでまた眠ってしまった。

起きるとお腹が空いていた。またアサードでも良かったが、さすがに3日連続で牛肉ばかり食べていてもどうかと思い、ロンプラに乗っていたピザ屋に行ってみることにした。それはモンセラート地区というところにあり、ちょうど国会議事堂とその前にある国会議事堂広場に面してある小さな店だった。店内に入り、小さい方を注文したがなかなか出てこない。自分が座っている横では中年のおじさん達がピザを一切れずつ食べていた。これはまずいと思った矢先、3人分以上はあろうかという巨大なピザが出てきた。おそらくここでは一切れ単位で注文するのが基本だったようだ。ただ頼んでしまった以上、それを意地で食べつくした。量はすごかったが、だからといって味が落ちるということではなく、そんな大きなピザでもなんとか完食できたのはすこぶる美味しかったからに他ならない。

c0049109_23385315.jpg国会議事堂広場からは港の方に向かって真っ直ぐに5月大通りが伸びていた。ここをゆっくり歩きながら進んでいくと、7月9日大通りと交差した。さらに行くと街で最古のカフェバーらしいカフェ・トルトーニの前に出た。ここは素通りして、市議会として使用されているカビルドを過ぎると、5月大通りの最後となる5月広場があり、先にはピンクの壁が珍しい大統領府が建っていた。この5月広場こそがブエノスアイレス発祥の地で、アルゼンチンの歴史の中で数々の事件が起こった場所でもあった。しかし、今ではアイスクリーム屋の屋台や露天商がいるのんびりとした静かな広場だった。この広場のベンチに座り、日本から持ってきた文庫本を読んだ。南米では移動時間はバスが多く、思いのほか本を読む時間が少なかったので、これがまだ旅に出て読む本の2冊目だった。何を読んでいたのかは忘れてしまったが、熱中していたせいかあっという間に時間が過ぎてしまい、気がつくとIさんと待ち合わせをした時刻になろうとしていた。そういう時にかぎって、バスはなかなか来ない。ようやく走ってきたバスはなんと同じ番号が2台続いていた。なんとか無事に待ち合わせ場所に到着したが、そこはラ・プラザというショッピングセンターだった。これまで南米というイメージを覆すヨーロッパ的な街並みのブエノスアイレスだったが、このショッピングモールはアメリカのそれのようなお洒落な場所で、こんなところもあるのかとブエノスアイレスのある意味、奥深さを思い知った。
[PR]

by gonburimo | 2006-02-20 23:33 | South America 1998


<< ブエノスアイレス 五日目      モンテビデオ >>